Skip to content

UVAとUVBの違いとは

紫外線には、UVA、UVBという二種類があるということは知っていたでしょうか。
UVAについてはUVBよりも作用が弱いものであり、表皮を通り越して真皮におけるダメージ蓄積、例えば過酸化物質の合成亢進などが行われるために、皮膚の老化が進んでしまい、しわなどの原因になってしまうのです。UVBは細胞毒性が強いものであるために、メラニン色素の合成を促進して、表皮細胞などのシミが生み出されてしまうことの原因になります。
地表に到達をするUVBの量は、緯度や季節によって変わっていくものです。天気予報など、気象庁の情報で紫外線の量を把握して、そのときに応じて適切な対策を取っていくということが大事ですね。
皮膚は、免疫関連臓器であることからも、様々な免疫担当細胞があるともいわれています。紫外線によって起こってしまう、皮膚の免疫細胞の損傷、機能抑制というのはこれまでも知られていたものですが、最近では別のこともわかってきています。紫外線によって皮膚のリンパ管が顕著に拡張してしまい、老廃物の回収を行う機能が低下するといわれているのです。これは、紫外線によって起こる炎症性免疫細胞が、皮膚の真皮の中に留まってしまうことで、炎症状態を引き伸ばすことから、皮膚に対してのダメージになってしまいます。紫外線によるメラニン色素の過剰蓄積と同じように、皮膚が老化してしまうことの原因になるといわれています。