Skip to content

美白成分の種類とは?

美白成分というのは、医薬部外品に含まれている限りは、メラニン色素の生成を押さえることで、シミやそばかすを防ぐものになります。そして、厚生労働省によって承認された美白成分については、どのようなものがあるのでしょうか。
例えばビタミンC、アルブチン、プラセンタ、エラグ酸、コウジ酸、こういったメラニンを生み出す酵素であるチロシナーゼの活性化を阻害するものがあります。
また、メラニンが排出されるのを防ぐものである、エナジーシグナルAMP・リノール酸・4MSKなどのものも上げられています。
また、それ以外ではチロシナーゼの熟成を阻害する成分であるマグノリグナン、生み出されたメラニンが表皮細胞に受け渡されることを防ぐD-メラノなどの、新しい成分もここには含まれて居ます。