Skip to content

冷え・むくみ

冷えやむくみの原因
冷え、というものは、血行が悪くなってしまうことで起こってしまうものです。この要因としては、女性特有のホルモンの変動であったり、自律神経の乱れや、貧血、低血圧といったことから、日常生活での習慣などの様々な原因があります。それに対して、むくみも心臓、腎臓、肝臓といった部分でのトラブルから、一過性のものも存在しています。どちらのものでも、男性に比べると女性のほうが圧倒的に多くなっています。それには、女性の体が血流の多い筋肉が少ないということや、一度冷えると温まりにくい性質がある皮下脂肪が多いためである、というように考えられています。

冷え・むくみの体への悪影響
西洋医学においては、冷え性、という病名は存在していません。しかし、東洋医学においてはこれは病気の一つであるというように考えられています。その冷えは、ひどくなってしまうと頭痛や肩凝り、腰痛、腹部の凝りや張り、痛み、のぼせ、めまい、いらいら、生理不順、生理通、更年期の不定愁訴を悪化させることにつながっていってしまうこともあります。内臓の温度が一度下がった場合、基礎代謝は焼く12%、免疫力は焼く30%低下するといわれています。基礎代謝が下がってしまうと、それによって痩せにくい体になってしまうことになります。また、冷えている体はむくみやすく、そのむくみを放っておいた場合、肌に凹凸が生まれてしまうセルライトの原因となってしまいます。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *