Skip to content

ハーブの歴史と文化

古くから使用されてきたハーブの歴史について

ハーブの歴史は非常に古く、ヨーロッパではキリスト教が誕生するよりも前から使われていました。そしてハーブは、キリスト教以前の宗教とのつながりも深かったのではないかと考えられています。それはハーブが庭に生い茂っている家に住む人、ハーブに深い造詣を持つ人をハーバリストとかハーバルセラピストという敬称に近い表現で現在でも呼ばれることからも伺えますし、またハーブの知識は地理的にもローマから離れていて、ローマ教会の影響の少ないイギリスに残り、ハーブやハーブガーデンの知識の輸出元となっていることからも想像されるところです。

その後中世ヨーロッパに広く蔓延したペストのときに、ハーブの知識は広く活用され、実際にその知識は役立つことになります。一例をあげますと、セージやマジョラム、ローズマリーなどを酢に漬けておいたものを飲んだり身体につけるとペストの感染を防ぐとされるものなどです。現在ではこれらのハーブに抗菌作用や免疫力を向上させる効能が認められていますが、すでにこうした知識は古くから用いられていたということです。

現在ハーブに関する多くの知識はイギリスから発せられたものがアメリカ、ヨーロッパ全土、そして日本にも伝わってきています。