Skip to content

しっかり寝ましょう

現代人の中には、夜更かしをしているという人が非常に多くなってきています。また、夜の間に働いている、という人も非常に多くなってきていますね。しかし、人間の体には本来の生体リズムというものが備えついていますし、生物時計というものが動いています。夜の寝る時間になった場合には、血液の中のメラトニンという物質が増加していき、体温が下がっていきます。夜の起きている生活を長くしたとしても、それに体が慣れてくるということはないのです。生物時計と実際の時間の関係が乱れてしまうという、内的脱失調といわれるような状態に至ってしまうことになります。
起きて働いている間でもメラトニンが増えてしまい、体温が低下することで、この時間に働いているというのは、直接的に体にストレスを蓄積していることになるのです。リズムが狂ってしまうということは、肥満にも関係していることだといわれています。朝という時間が来たことを人間の体が判断するためには、光による影響があります。夜の間に、人工の強い光を浴びている現代人の場合には、気付かない間に少しずつこういったリズムが崩れていってしまっているようです。統計的には、夜更かしをしている人の中には肥満が多くなっており、ストレスが多くなっているというのもこういった影響があると考えられるでしょう。夜の間に働かなければならないという場合には二食になるということも多くなりますし、食事の間に少し軽くものを食べることによって、それを軽減することができるでしょう。当然、昼間の時間に働いている人よりも、さらに慎重にカロリーコントロールをしていく必要があります。
昼間の仕事、学生の場合には、生物時計に合わせるようにして、早く寝るように心がけてください。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *